アロハND5/ND6の「タイプ設定」について

1.タイプ設定とは

タイプ設定とは、アロハの内部設定を変更し、ナンバーディスプレイ情報を受信できるようにする設定です。

ナンバーディスプレイ対応機器は、電話回線に1台のみ接続することができます。

アロハの初期設定は、「タイプ設定ON」で、ナンバーディスプレイ対応機器となります。

2.接続機器によるアロハのタイプ設定

(1)回線にアロハ以外のナンバーディスプレイ対応機器を接続しない場合 : アロハはタイプON

(2)回線にアロハとナンバーディスプレイ対応機器(電話機など)を接続する場合 : アロハはタイプOFF

※アロハをタイプOFFで使用する場合、ナンバーディスプレイ対応機器の手前に接続します。

※アロハがタイプOFFでも、アロハ以外のナンバーディスプレイ機器が接続され、ナンバーディスプレイ情報を表示すれば、アロハも表示します。

※アロハがタイプOFFの場合、ナンバーディスプレイ対応電話機の着信拒否機能等、電話機についている機能をご利用いただけます。

3.アロハのタイプ設定変更方法

 アロハのタイプ設定手順は、下記をご覧ください。

※注意:通話中、着信中に「タイプ設定」の変更を行うことは出来ません。

日興電機製作所の主要製品

弊社の主要製品を設置場所毎に掲載しました

弊社ホームページでも、主要製品を紹介させていただいておりますが、どのような場所で使用されているのかまでは解りません。

そこで、こちらから「弊社の主要製品」(PDFファイル)で主要製品と設置場所を解るようにしました。

普通になにげなく確認できる製品は、通信ケーブルに取り付け、ケーブルの接続、引き落しなどに使用されている「接続端子かん」です。

「接続端子かん」を見ていただき、弊社を思い出していただければ幸いです。

アロハのドライバソフトについて

アロハND5/ND6は、パソコン(ネット接続)にUSBケーブルを接続すると、自動でドライバソフトがインストールされます。

ドライバソフトのインストールについては、こちらから詳しい内容をご覧ください。

尚、パソコンに表示させるためには、ドライバソフト以外に、別途ソフトウェアが必要となります。

2回線の着信情報をアロハ1台で表示する方法(例)

◇接続図

◇環境
・ひかり電話の複数チャネルサービス「ダブルチャネル」契約
・ナンバーディスプレイ契約

◇光ルータの設定
・着信時に電話機ポート1及び電話機ポート2にナンバーディスプレイ情報を送出する
ように設定

◇電話対応手順
①1回目の着信番号をアロハが表示して、PCにナンバー情報を送ります(PCに表示)
②1回目の着信は、「電話機1」で応答・通話を行います。
③「電話機1」で応答・通話中に2回目の着信があると、「電話機2」に着信がきま
す。
④2回目の着信番号をアロハが表示して、PCにナンバー情報を送ります(PCに表示)
⑤電話機2で応答・通話を行います。

※1回目の着信は必ず「電話機1」で応答することで、アロハ1台で1回目の
着信、2回目の着信とも番号表示することができます。
※「電話機2」で応答・通話中に、2回目の着信があった場合、アロハは表示す
ことができません。

IP電話とアロハ

「IP電話に変更するのですがアロハは使用できますか?」言う
問合せがあります。
日本の場合、IP電話と言うと、殆ど既存電話機を使用して通話するのですが、
LAN回線に直接IP電話機を接続して使用する方法もあります。
その違いを、お客様に説明して理解して頂くのが大変なので整理してみました。

アロハの使用可否は、下記の通りとなります。
既存電話機をそのまま使用するIP電話→アロハは使用可能です
IP電話機を使用するIP電話→アロハは使用できません

※簡単な見分け方は、既存電話機を使用し、IP電話対応機器があり、
電話機との接続は2芯モジュラージャックとなります。
上記接続であればアロハは使用可能です。
もちろん、ナンバー・ディスプレイサービスの加入は必要となります。

■IPでんわとは
IP電話とはインターネット網を使用した電話サービス。
050から始まる電話番号はIP電話サービス。
1.既存電話機をそのまま使用する
IP電話を使うには専用のIP電話対応機器が必要
(IP電話対応ADSLモデム内蔵ルータ、IP電話対応ルータ、VoIPアダプタ等)
接続は2芯モジュラージャックのRJ11
2.IP電話機を使用する
LAN回線に直接接続して使用する・・・8芯モジュラージャックのRJ45

CTIシステム導入メリット

先日お客さまより、「HelloアロハND6」導入によるメリットは?という質問がありました。
そこで、CTIシステムを導入したことによるメリットを文章にしてみました。
■メリット
(1)電話に出る前にお客様が解り、お客様に好印象を与えることが出来ます(お客様の登録が必要です)
   ①電話をかけてきた相手が解りますの、安心して電話に出ら
    れます。
   ②電話をかけてきた相手の情報等が解るので、スムーズな
    会話ができ、電話対応時間の短縮になります。
   ③電話をかけてきた相手の名前を聞き取れないとき、
    再度確認する必要がなくなります。
   ④電話をかけてきた相手より先に、“○○さんいつもお世話に
    なります”など話しかけられ喜ばれます。
   ⑤誕生日などを登録すれば、お祝いの言葉をかけられ好印象
    を与えられます(相手の好み等の情報)
   ⑥電話をかけてきた相手の情報を確認できますので、
    新人スタッフでも失礼のない対応が出来ます。
   ⑦担当者名を登録しておけば、担当者が直接電話を受けたり、
    担当者に転送がスムーズに行えます。
   ⑧電話着信と同時に、以前の問合せ内容のデータベース
   (問合せ内容、注文内容、重要顧客、要注意事項等)が
    表示されることで、サービスの向上、お客様への好印象を
    与える事が出来ます。
 (2)離席時又は電話に出られない時又は夜中にかかってきた電話
   が確認できますので、お客様に折返し電話をかけられ、大切な
   お客様を逃がしません。
   ①離席時又は電話に出られない時、未応答情報として、パソコ
    ンにお客様情報を表示します。
   ②夜中(パソコンを切った状態)にかかってきた電話も、30件メ
    モリします。翌日パソコンから電話番号を確認できるので、
    折返しの電話をすることが出来ます。
 (3)いたずら電話等の防止に役立ちます。
   ①勧誘の電話等、電話に出たくない相手の電話番号を30件登録
    できます。登録した電話番号からかかってきた時は、電話の
    ベルは鳴らさず無言で切断します。
   ②電話の着信履歴を1万件保存します。しつこく何回もかけてく
    る相手の電話番号の日時を記録でき、警察等の相談にも役立
    ちます。
 (4)その他
   ①お客様の地図情報を登録すれば、お客様の地図が表示されま
    す。画像データを登録すれば、画像も表示されます。ワード、
    エクセルなどのデータも表示できます。

※色々導入したメリットを記載しましたが、ひとことで言うと
「電話対応が安心してスムーズにでき、お客様に好印象が与えられる」事がメリットですかね?

アロハND5/ND6及びCTIソフトウェアについて「よくある質問」

弊社製品について、「よくある質問を」をホームページで公開しております。
ビジネスホン環境でのアロハの設置方法は?、アロハND5とND6の違いは?
などよくある問合せ内容をまとめてみました。
こちらから確認できますので、是非ご確認ください。

もちろん、メール及び電話にてのお問い合わせも承っております。
メールでのお問い合わせは、こちらからお願い致します。
電話でのお問い合わせは、TEL048-728-3131

弊社のホームページはこちらです。