「新価値創造展2015 in Kansai」展示会出展のご案内

このたび下記の要領にて「新価値創造展2015」展示会に、出展する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。
 本展示会では、ナンバー・ディスプレイアダプタ「アロハシリーズ」及びCTIソフトウェア「Hello ALOHA」等を展示しております。また、新商品の「アロハND6」「Hello ALOHA?」のデモ及び展示をします。
 ご多忙中のところ、誠に恐縮ではございますが、ぜひお立ち寄りいただきますようお願い申し上げます。
            記
1.開催期間   平成27年5月27日(水)・28日(木)・29日(金)
2.開催場所   インテックス大阪 1・2号館
         〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-5-102
3.展示位置   出展区分:ひとの感性・技能を生かした技術ネットワーキングを進める
         小間位置S-31
4.費   用   入場無料(登録制)
5.詳   細   「新価値創造展2015 in Kansai」ホームページ
           http://shinkachi.smrj.go.jp/kansai/index.html

CTI活用事例(その3)

ホテル・旅館でのCTI活用事例
■導入の背景
→ホテルや旅館への予約・問合せの電話をスタッフが受けた際に、ベテランスタッフであれば
リピーターや常連のお客様の好みなどに合わせたコミュニケーションが可能であるが
導入の背景CTI活用イメージ1 新人スタッフが電話を受けた場合には、
何か物足りない対応になってしまう・・・
新人スタッフでも、お客様を満足させられるような
気の利いた対応が出来ないものだろうか・・・
■アロハを利用したCTI効果
→CTIの活用により、電話が鳴ると同時にパソコンにスクリーンポップアップする顧客情報を
確認しながら、電話応対をすることにより新人スタッフでも、電話を架けてきたお客様の
アロハを利用したCTI効果「宿泊履歴」や「好み」などといった利用履歴をモニタ画面で確認しながらコミュニケーションがとれるため、迅速な対応・より細やかな対応をすることが可能となり、結果として顧客満足度の向上に繋がった。

CTI活用事例(その2)

各種ケータリング・デリバリーサービスでのCTI活用事例

■導入の背景
→お客様からの電話対応時に、名前などを聞き漏らしたりして困った経験が有る。
→リピーターや、常連のお客様の情報は紙ベースでの記録しかなかった為に、
詳細の情報が抜けてしまった経験が有る。
→常連のお客様のご要望に応えられるようにならないかと現在のやり方には限界を感じている。
→お客様からの電話に対し自信を持って対応が出来なかった経験が有る。
→スタッフがお客様の予約等を登録する時に、顧客情報をいちいち入力するのが面倒だった。
→お客様からの電話に出られない時や、休日に掛かってきた電話を頂いた時に
対応が出来なかった。
→お客様情報をデータベース化し、電話予約から、瞬時のお客様情報を表示できるような
システムが無いかと常日頃から感じていた。
■アロハを利用したCTI効果
→お客様より、電話での着信と同時に、以前に来客された時のデータベース
(注文内容、日時、担当者、以前購入製品等)が表示されることで、
サービスの向上、お客様への好印象を与える事が出来ます。
→お客様からの電話の時に、前もって情報を確認できますので新人スタッフでも
失礼のない対応が出来ます。
→お客様情報が表示された後は、そのままスムーズに予約登録が可能です。
→ 新規のお客様の場合も、その場で簡単な顧客登録が可能なので、
予約登録時の作業効率が格段に向上します。
→お客様毎の、色々な情報等を登録する事で思わぬ好評を得られます。(顧客の好み等の情報)
→いたずら電話の防止にも役に立ちます。

CTI活用事例(その1)

美容院・エステ店・レストランなどリピート顧客を持つ店舗のCTI活用事例

■導入の背景
→電話先でお客様の確認と注文内容を手書きでスタッフが行っていましたが、
注文ミスや時間のロスがしばしば起こりました。
→お客様からの電話対応時に、名前などを聞き漏らしたりして困った経験が有る。
→お客様からの電話に対し自信を持って対応が出来なかった経験が有る。
→お客様の自宅の住所を調べる時間が掛かったり、行き先を間違えた経験が有る。
■アロハを利用したCTI効果
→お客様より、電話での着信と同時に、以前に注文された時のデータベース
(注文内容、日時、担当者等)が表示されることで、サービスの向上、お客様への
好印象を与える事が出来ます。
→顧客からの電話の時に、新人スタッフでも失礼のない対応ができます。
→過去の情報から、お客様の自宅先までの地図などを表示させることで、
配達場所、配達時間等が把握出来ます。
→いたずら電話の防止にも役に立ちます。

CTIはビジネスにきく!

ビジネスや、生活の場でどう活かすのか? 一例を挙げてみます。
CTIを使うと・・・
店舗などで電話が鳴ると同時に、かかってきた相手である
お客様の顧客データがパソコンの画面に表示されます。
CTIを使うと・・・
おそば屋さん、お寿司やさん、ラーメン屋さん、ピザ屋さんなどで
電話が鳴ると同時にパソコンの画面に、お客様の名前・住所・
電話番号などが表示されれば、注文を取るのが楽になると同時に、
聞き間違いも、大幅に減ったという事例が多数報告されています。
CTIを使うと・・・
顧客データに「常連さんである」旨の登録をしておけば、新人スタッフでも
「○○様、いつもご利用ありがとうございます!」という電話応対が可能になります。
これ以外にも、電話とコンピューターの連動・CTIで出来ることは
発想次第で、無限大に広がります。
業務効率の向上、顧客満足度の向上に、大きく貢献するのがCTIなのです。

CTIとは?

CTI、言葉や文章ではよく見かけるけど、「実際のところ、どんなもの?」という方の
ために・・・
CTIってなにもの?
CTIの読み方は、そのまま「しーてぃーあい」と読みます。
ちなみに、Computer Telephony Integration の略です。
「CTIとは何なのか?」をズバリひとことで言うと「電話とコンピューターの連動」です。 
ただ、これだけでは、まだあまりピンとこないですね・・・

CTIソフト

CTIソフトの種類について
CTI(電話着信と同時にパソコンにお客様情報を表示)を構築するうえで、
どのような機能が必要か?を考え選定する事をお勧めします。
お金をかければ、多機能なCTIは入手可能です。
しかし、必要のない機能までついていたり、表示画面が見にくかったり、
使い方が難しかったり、多機能CTIが良いとはいえません。
使用目的に合ったCTIを見つけましょう。
■弊社が販売するCTIソフトの種類と主な機能は、こちらからご確認いただけます。
■弊社のCTIソフトは、無償で(60日間)、全機能がパソコンのみで確認できます。お試しダウンロードは、こちらのページから個別の製品詳細からダウンロードできます。是非、ご確認ください。

アロハをビジネスホンで使用する

アロハはビジネスホンでもご使用になれます
お客様からのお問い合わせが一番多い、「アロハをビジネスホンで使いたい」
と言う内容についてご説明します。
アロハをビジネスホンで使用するには、下記の接続でご使用いただけます。
1.終端装置とPBX(ビジネスホン主装置)の間がアナログの場合

2.終端装置とPBX(ビジネスホン主装置)の間がLANケーブルなどの場合

3.終端装置とPBX(ビジネスホン主装置)の間がINSの場合

※アロハの接続方法(アナログ回線、光回線など)については、弊社ホームページでご紹介させていただいております。こちらをご覧ください
注)ご利用するにあたって、通信回線のナンバー・ディスプレイ契約が必要です。
  電気通信事業者へお申込み下さい(別途費用がかかります)

アロハND3及びアロハND4販売終了のお知らせ(予告)

いつもナンバーディスプレイアダプタ「アロハシリーズ」をご利用頂き有難う御座います。
この度、アロハND3の後継機種としてアロハND6の販売を開始することで、アロハND3の
販売を本年9月で終了させて頂きます。
又、アロハND4の後継機種としてアロハND5の販売を行ってきましたが、アロハND4の
販売も本年9月で終了させて頂きます。
アロハND4はパソコンに対して番号情報を2回(ACK/NAK処理)送っていましたが、アロハND5
は番号情報を1回のみ(ACK/NAK処理削除)送りますので、ご利用には注意してください。
アロハND5及びアロハND6の技術資料(機能仕様書・取扱説明書・DLL)は、弊社ホームページ
で公開しておりますので、ご参照ください。
又、デモ機が必要の場合は、弊社ホームページよりお申し込みください
今まで、アロハND3及びアロハND4をご利用いただきまして有難う御座いました。
今後は、アロハND5及びアロハND6を宜しくお願い致します。
以上